「お金」とは【高校生のための起業の基礎知識】

起業を考えている高校生の多くが「起業にはたくさんお金がかかる」というイメージを持っているのではないでしょうか。しかし、「具体的にいくらかかるのか」「お金を集める方法」などを知ることで、起業することがより現実的になるでしょう。

今回は、以下の2つのポイントについて学びましょう。

・起業に必要な3つのお金
・4つの資金調達方法

起業に必要な3つのお金

起業の要となる、3つのお金「開業資金」「設備資金」「運転資金」について学びましょう。

4つの資金調達方法

起業とは「業」を「起」こすと書きますが、業を起こすには、大きくわけて2つの方法があります。

①法人(株式会社など)を設立する
②個人事業主として活動する

そして、『②個人事業主として活動する』という方法を取れば、0円で起業ができることを学びました。

しかし、0円とは言っても、やはり事業を継続的に続けるためにはお金がかかります。
そんなとき参考にしていただきたい、4つの資金調達方法をご紹介いたします。

まとめ

学校できちんと学ぶことのない「お金」を上手に活用し、継続的な事業をつくるための糧としてください。

この記事が、起業を目指す皆さまのお役に立つことを願っています。