事業計画書を書いてみよう|必須な項目8つを解説【高校生のための起業の基礎知識】

この記事では、事業計画書の書き方を、具体的に解説します。あなたもぜひ、この記事を参考に「事業計画書」を書いてみてください。「事業計画」については、『「事業計画」とは』の記事で解説しました。

事業計画とは?何のために必要なのか

「事業計画」とは、「自分たちが実現したいことを見える化し、目の前の人に協力者になってもらうためのツール」です。

事業計画をつくる目的は、大きく2つです。ひとつは、他人に事業の魅力や概要を伝えること。特に、資金調達や融資を受ける際には必ず求められ、事業計画の内容によって、出資や融資が受けられるかが決まります。もう1つは、他者の協力を得ることで、起業家自身が事業を進めていきやすくすることです。事業の成功確率を高めるためにも、非常に重要です。

事業計画書に必須な項目8つを解説

① 事業プラン名を決める

あなたの事業の顔とも言える、事業プラン名。何事も、名前はとても重要です。どんなに素晴らしい計画も、伝わらなければ意味がありません。シンプルかつ魅力的、理想的には、「これだけで伝わる!」と思えるような名前を考えてみましょう。副題をつけてみてもいいでしょう。

② 事業内容を決める

あなたの事業内容を、できるだけシンプルに表現しましょう。どんな市場・ターゲットに、どんな商品・サービスを提供しますか?ターゲットは、どんな悩みを抱えているのでしょうか?商品は、どんな魅力や、特徴があるのでしょうか?読み手の気持ちになって考えることが重要です。

③ 市場環境を分析する

全て文章で書かれているよりも、表やグラフを上手に使うことで直感的に理解しやすい、伝わりやすい資料を作ることができます。この事業の市場規模や、成長性、競合相手の評価などを、データを集めて分析してみましょう。同じような業種・業態の事業と、どんな違いがあるかも考えてみましょう。

④ 競合優位性を見つける

あなたの事業にとっての競合が真似できない、独自の価値を説明してください。業種や業界が違っても、ターゲットが同じであれば競合になる可能性があります。広い視点で、あなたの事業が優位な点や、差別化ポイントを表現してみましょう。

⑤ 市場アクセスを計画する

あなたが計画している事業を、どのように顧客に見つけてもらうかを表現しましょう。どんなプロセスで信頼関係を構築しますか?どのように販売網を築いていきますか?事業を実現していくための、具体的な計画をアピールしましょう。

⑥ 経営プランを考える

事業を継続的に運営していくためのシステムを紹介しましょう。売り上げ計画、仕入れ計画、開発や生産の計画、人員や組織の計画、設備投資の計画などです。他の業種・業態の経営プランが、参考になることもあります。あなたの事業を成功させるため、さまざまに調べてみるなど、工夫してみましょう。

⑦ リスクと解決策を考える

今後想定される問題点や、リスクについて考えてみましょう。そして、優先度の高いものから、対処方法や解決策を提示してみてください。これらを事前に考えておくことによって、あなたの事業計画はより説得力のある、魅力的なものになります。

⑧ 資金計画を立てる

予想できる範囲で、収入(入ってくるお金)と支出(出ていくお金)について、できるだけ詳細に表現してみましょう。合わせて、資金繰りに関わる計画も重要です。この時、設備資金と運転資金に分けて、それぞれ考えてみましょう。資金調達案や、返済・配当計画についても提示できるといいでしょう。

まとめ

この記事では、事業計画書の書き方を、具体的に学びました。実際の経営のためにも、事業計画はとても重要です。最初から、全てを完璧に仕上げる必要はありません。考えやすい項目から、順次表現してみましょう。

まずはひととおり、書いてみることができれば、徐々に調べたり、周りの人に意見をもらったりしてみながら、よりよいものに変更していきましょう。

この記事が、起業を目指す皆さまのお役に立つことを願っています。